愛猫の歯磨き

我が家には、昨年夏、

2匹の野良の子猫を引き取った、

実家では、自分が小学生から社会人時代まで、

猫を代々、飼っていた。

22歳まで、生きた子は、歯周病になり

歯を抜いた事があり、抜いた後とにかく食べるのが大変そうだった記憶がある。

やはり猫も、歯が一本無くなるだけで、咀嚼が上手く出来なくなってしまい、しっかり噛めなくなります。

猫の歯磨き、当時は考えた事もなく、

溜まった歯垢が歯石化したら動物病院で全身麻酔をし、スケーリング( 歯石を除去すること)を頼むことが当たり前だった。

時代は変わり、ペットショップに行けば犬、猫の歯ブラシコーナーがドドンとあります。

今やペットの歯磨きも当たり前に驚きました。

歯ブラシ、水に混ぜる予防液、歯磨き粉等々

猫も人間と同じ、歯垢は歯茎と歯の間に溜まります。

ブラシをするなら、歯の表面だけでなく、ブラシを斜め45°に当てる、バス法でないと溜まった歯垢は除去できません。

歯磨き、人間も、動物も同じです。

飼い主である、我々人間が、自身の歯のケアを知らなければペット達の歯のケアもままなりませんよね?

1匹の子に、残念ながら歯石化している部位を発見、、、

歯医者の血が騒ぐのか、

次回、歯科用スケーラーで、除去してみます!

猫の歯も裏切らない!