Back to Basic

どんな事でも、上達する為には

地味だけど、基本に忠実に行なっていくしかない。

臨床を20年近く、日々患者さんの治療を行なっている。

訴えへの、判断、治療計画の立案、治療技術の向上等

1年目の自分に比べれば、上達してはいる。

新たな治療法を取り入れたり、材料、機械の導入等

歯科の世界も大きく便利に変わってきている。

そんな中でも、学生時代に習った基本的な事がやはり、一番大事だと最近思う。

基本検査から入り、歯磨き指導をし患者さんの歯への意識を変える、

これなくしては治療の成功は無い。

最近、師匠にトレーニングを見ていただいている。

彼女は90年代後半、圧倒的な美しさ、プロポーションで全日本女子ボディビルの王者に何度も輝いた方。

彼女に指導してもらうと、難しく考えずに、いかに重さの強度を収縮〜ストレッチの間、抜かないようにし、スタートした地点に戻ってくるだけ。

言葉で言うと簡単に聞こえるが、

これがとても、難しい、、

自分の運動センスの無さが、露呈してしまい、

ただただ、恥ずかしく、悔しい。

最近、動画、SNS等で様々なトレーニング方法を見ることが出来る便利な時代。

その動画のダイナミックな種目に目を輝かさてしまいがちだが、

先ずは

師匠に言われた事を、自分で何度も何度も地道に反復して、土台となる基礎作りをしっかりしなければ、自分の肉体の変化はもうあまりない事だけはわかっている。

歯のケアと同じだとは私は思う。

医院で、歯磨き指導を受け、自身で何度も何度も反復し練習し、それをまた医院でチェックしてもらい補正していく、

師匠に見てもらうトレーニングと自分だけのトレーニング

全然、筋肉への刺激がちがうんだよな、、

人に見られている意識、

しかし、いつまでもおんぶに抱っことはいかない訳で今日も、1人黙々とジムで基本動作に明け暮れています。

皆さんも、面倒くさいが、

どうか基本に忠実に行きましょう。

歯は裏切らない