親知らず治療

診療案内 > 親知らず治療

親知らずの治療はお任せください

進化とともに徐々に細くなっていった人間のあごは、第三大臼歯(親知らず)が正常に生えづらい環境となりました。そのため、現代人にとって親知らずは、少し厄介な存在となっています。ほかの健康な歯に悪影響を与えることにもなりかねますので、当院では、親知らずの状態を見極めた上で、抜歯をおすすめさせていただいています。
・
・
・
なんて歯医者らしい事をこのホームページを作った時は書きましたが、抜く抜かないは、あなたの自由なんですが人生の中でいつかは抜く時が来るのが親知らず。だったら嫌な事は先に済ませてしまった方が楽なのでは?

生え方によっては使い道もありますが、あんな奥にある歯をキレイに磨くなんてしませんよね?
だいたいが虫歯、歯周病になり隣にある第2大臼歯(これものすごく大事な歯)に悪影響を及ぼします。

・正しい位置に生えて下の親知らずとしっかり咬めているCASE
→抜かれたくないならしっかり磨く

・下の親知らずで真横に生えているCASE
①一部顔を出している:プラークがたまり歯ぐきが腫れ虫歯にもなるので抜いた方が良い。
②歯茎にかくれている:歯が出ていないことを祈りましょう。

・正しくない位置にはえているCASE
磨くのがかなり困難なので抜きましょう。どうせ磨かないですから。
・マウスピースを作りたい方:親知らずにじゃまされてマウスピースがfitしにくくなるので抜きましょう。

又、親知らずが痛くて来院される方がいるが、痛みがある時は基本抜きません。何故かは腫れているので麻酔が効かない事、何とか抜いても術後、ものすごく腫れが出るので嫌な思いをします。先ずは消毒(腫れを引かす)そして腫れが収まったら抜きましょう。

歯は痛くない時に抜きましょう!!その方が私が楽ですから。

私が楽という事はあなたも楽という事!!