表参道 パトリア歯科
歯のお話

最高の詰め物

虫歯にかかる方が過去に比べて激減している現在、歯科治療ランキングの中では今でも虫歯治療が一位🥇を独走しています。


惜しくも、虫歯になってしまった歯は人為的に我々が虫歯の領域を消滅させるためにドリル等の切削回転器具で新鮮な菌に侵されていない部分が出てくるまで削らなくてはなりません。


そして、その後削った部分に人工物を埋め治療自体は終了。


祖父の代から、虫歯の詰め物と言えば


アマルガム( 水銀を用いた物で現在は使用禁止)


 ( 身体への害が無く、硬さもベリーグッド👍で噛み合わせになじむ)


 ( 腐食しやく、隙間が空き虫歯が再発しやすい、また歯ぐきに金属成分が流れ込み刺青を入れた様になる)


父の代になり


コンポジットレジン( 削った所に樹脂を流し込める画期的な素材、現在でも多様しまくり)


セラミック ( 色はメチャ綺麗、しかし強度が低く割れやすい、、)


私の代になり


ジルコニア( 人工ダイヤ💎、硬く色も第一世代に比べ透明感が出てきて、セラミックにも劣らなくなったが、接着操作が命運を分ける)


とこんな感じに過去から進化してきいるのだが、


どの素材も一長一短。


長所もあれば短所もある!


では


この中で、どの素材が


最高の詰め物なのか!


私が思うに、





それは、




天然歯🦷‼️



皆さんがお寿司屋に行かれた時に、天然のマグロ🍣と養殖のマグロ🍣があったら


どちらを選びますか?


最近は、培養肉、培養魚や大豆等を小児した代用肉など、化学の力を🔬使って生産される食材も普及しこれから起こる食糧危機や飼育する際に発する二酸化炭素を削減させる事に対して世の中が変わってきております。


が、


やはり、天然と言う言葉には何故か皆さん弱くないですか?


天然


良い言葉ですよね?


虫歯にかかっていない天然の美しい歯🦷


硬さも硬すぎず柔らか過ぎず、色や艶感なんか格別‼️


この天然歯こそが、詰め物としては最高の素材なのです。


治療の際に、詰め物の説明を患者さんに行い

選択して貰ってますが、


やはり、天然の歯を何歳までも大事に大事に使ってあげ、清掃をしっかり行ってあげれば彼ら天然歯は貴方の希望にしっかりと応えてくれます!



さあ、今日も1日の終わりにしっかり磨いてあげてくださいね!


歯は裏切らない‼️

表参道 パトリア歯科 院長
歯科医師 嶋田 泰次郎
関連トピックス
関連ページ

正しい歯の磨き方 4つのブラシで4分ブラッシング

診療時間

日・祝
午前 11:00 〜 午後 7:00--

:午前 10:00 〜 午後 2:00
:午前 10:00 〜 午後 6:00

ご予約について

当院は完全予約制です。
ご来院なさる前にお電話またはWeb予約にてご予約ください。
初診の方は 「初めての方へ」をご覧いただいた上で、ご予約をお願いします。

健康な歯で、健康な生活を送るお手伝いを私にさせてください!

24時間Web予約可能

診療時間中はお電話でもOK

03-3406-5120 Web予約