表参道パトリア歯科

小児歯科でよくある質問

ここでは当院に寄せられる、小児歯科でよくある質問にお答えします!

仕上げ磨きはいつまで続ければいいですか?

なんでも自分でやってしまう頼もしいお子さんもいらっしゃるとは思いますから、その子の性格や成長に合わせて、仕上げ磨きをする年齢を決めていけば良いのではないでしょうか。
仕上げ磨きをしなくなったとしても、抜き打ちではないですが口の中の状態を定期的にチェックすることも大切です。

詳しくは、歯のお話「仕上げ磨きをいつまでやる?」をご覧ください。

シーラントって必要ですか?

奥歯には咬む面(咬合面)には小窩裂溝(しょうかれっこう)という溝かあります。この溝に食べカスが溜まり、溜まった汚れが取りきれないことで、虫歯になりやすくなってしまう事があります。
シーラントとは、その溝に歯科用の樹脂(レジン)を流し込む事で、溝を埋めてしまう治療になります。
ですが、奥歯の噛む面は誰でも磨きやすい場所なので、虫歯になりにくいこと。
シーラントが綺麗に埋められていない場合や、樹脂が欠けてしまっている場合、逆に汚れが溜まりやすくなってしまうことなどから、あまりおすすめはしていません。

詳しくは、歯のお話「シーラントって必要?」をご覧ください。

何歳からこどもにフロスをさせればいいですか?

お子さんご自身で、フロスを始めるのはいつからが良いのか?は、そのお子さん次第ですが、乳歯の奥歯が生えてくる3歳になるまでには始めたいですね。
何でも貪欲にやりたがる子や、甘えん坊な子、上手にできないと怒ってしまう子、色々な性格のお子さんがいると思います。
先ずは、上下の前歯に自分でフロスを入れてみて遊び感覚で出し入れし、感覚を身につけていけば良いです。
お子さんだけでなく、親御さん達もフロスをする習慣をつけ、家族皆が行っているという一体感がある事で、お子さん達もフロスをすることが当たり前になって行きます。

詳しくは、歯のお話「何歳からこどもにフロスをさせればいいですか?何歳からフロスをやる?」をご覧ください。

何歳から歯科検診を受ければいいですか?

1歳を過ぎ、前歯が生えてきたら是非、歯科医院を受診してみて下さい。
まだ前歯しか生えていない状態でも、もう離乳食を食べ、大人と同じように野菜、肉、魚、米、パン、お菓子など食べています。
やはり、1日1回は保護者によるお子さんへの仕上げ磨きをやるべきと考えます。
では、どんな道具でどのようにケアしてあげれば良いでしょうか?やはり、専門医である我々のアドバイスを受けることが一番効率も良いし確実なのです。

詳しくは、歯のお話「何歳から歯科検診を受けるの?」をご覧ください。

こどもが歯磨きをちゃんとしてくれません…どうしたら?

しつこく、言い続け、歯をチェックする事を地道に続けていく、親の無償の愛しかないのでは。
皆さんも、一方的な愛で子供達を守ってあげてください!

詳しくは、歯のお話「子供の髪乾かしと歯ブラシ子供に歯を磨かせるには」をご覧ください。

お問い合わせ

診療時間

日・祝
午前 11:00 〜 午後 7:00--

:午前 10:00 〜 午後 2:00
:午前 10:00 〜 午後 6:00

ご予約について

当院は完全予約制です。
ご来院なさる前にお電話またはWeb予約にてご予約ください。
初診の方は 「初めての方へ」をご覧いただいた上で、ご予約をお願いします。

健康な歯で、健康な生活を送るお手伝いを私にさせてください!

24時間Web予約可能

診療時間中はお電話でもOK

03-3406-5120 Web予約