表参道 パトリア歯科

小児歯科

子どもの歯は虫歯になりやすい
フロスで歯間も磨きましょう

子どもの歯は、大人の歯と違いますので、お母さん、お父さんがしっかりと仕上げ磨きをしてあげてください。 ただし、子どもは歯間に隙間がないので、歯間ブラシは使えません。そこでフロスの登場。歯と歯の間の歯垢をしっかり除去することで健康な歯を保てます。 お子さんが自分でフロスを使えるようになるまでは、ご両親がしてあげる「仕上げ磨き」が重要です。当院では、歯ブラシでの仕上げ磨きと、フロスの使い方を丁寧にお教えします。

お子さんの歯を虫歯にしない方法

我が子に虫歯が出来てしまったらどうしますか?

自分も虫歯があるので遺伝のせいだと思う。
仕上げ磨きをしていたのに、なったのだから仕方ないと思う。
ただただ自分の責任だと反省する。

色々な考えがあると思います。

お子さんの歯を虫歯にしない方法は、保護者の皆さんが、正しい歯の磨き方、ケアを知る、これにつきます。
今はお子さんがいない方々でも、歯のケアを知っていれば、お子さんができた時にその方法を仕上げ磨きに用いるだけで良いのです。
ですから、ご自身が、正しい方法を知る。
これしかありません。

また、不幸にも虫歯ができてしまった場合、処置には麻酔を使用しなければならないケースもあります。
ニュースなどでご覧になった方もいるかと思いますが、過去に、麻酔にアレルギー反応が出てしまい、お亡くなりになられたお子さんのケースもあります。
当院では、初めて麻酔処置をする際には、鼻の下か腕などに麻酔の液を塗り、アレルギー反応が出ないか、しっかり確認した上で麻酔を行なっております

しかし、大人と異なり、長時間じっとしていられないのが子供の特徴ですよね。
泣いたり、ぐずったりとなかなか口を開けてくれない事ばかりです。

彼らがらどうすれば口を開けてくれるようになるか?
それには、大人の方とも同じですが、信頼関係の構築です。

言うのは簡単ですが、親友を一日で、作れるものではないですよね。 そこで、虫歯のあるなしは関係無く、歯のケアで来院して頂き歯科医院ってこんな所だよ、歯医者さんってこんな先生なんだよ、という風に少しずつ慣れていって貰うのが1番良い方法だと思っております

私も、2人の子供を持つ親として、皆様に少しでも、お子様の歯の予防のお力になれればと思っております。

歯磨き指導

健康な口内環境を維持するためには、歯磨きを正しく行うことはとても重要です。
治療が終わっても、口内の良い状態を維持できなければ、すぐに問題が起きてしまいます。

当院では、全4回の徹底的な歯磨き指導を行っています。
虫歯、歯ぐきの病気にリバウンドしないよう私と毎回、60分一本勝負のシングルマッチを最低でも4回行う事で、あなたは、最強なメソッドと最高に綺麗な歯を手にすることができる!

当院が初めての方は、「歯磨き指導」をぜひお受けください。

正しい歯の磨き方
4つのブラシで4分ブラッシング

診療時間

日・祝
午前 11:00 〜 午後 7:00--

:午前 10:00 〜 午後 6:00

ご予約について

当院は完全予約制です。
ご来院なさる前にお電話またはWeb予約にてご予約ください。
初診の方は 「初めての方へ」をご覧いただいた上で、ご予約をお願いします。

健康な歯で、健康な生活を送るお手伝いを私にさせてください!

24時間Web予約可能

診療時間中はお電話でもOK

03-3406-5120 Web予約